北岡 由梨

成長への機会を与えてくれる会社

営業部海外営業課
(平成25年度入社)

北岡 由梨(きたおか ゆり)

甲南大学文学部人間科学科

海外営業課の一員としてグローバル業務に従事

阪神動力機械には派遣社員として働き始め、4年前に正社員になりました。派遣で働いていた頃から、社内の明るい雰囲気やみんなで良い職場をつくっていこうという前向きな気風に惹かれていましたので、正社員になれたことを幸運に思っています。当初はメンテナンス部門に籍を置き、2年前から営業部と兼任、この4月から営業部海外営業課の専任となりました。輸出入のシッピングの手配など、主に物流関係の仕事をさせていただいています。また、海外のお客さまとの折衝や、海外のお客さまや取引先の方が当社を訪問された際のアテンドなど幅広い業務を手掛けています。

新興国の経済発展に貢献する

仕事のやり甲斐は、自分が成長するための機会を持てることです。公的機関の方々とお会いする機会が多く、そういう方々からさまざまな業界、企業の話を伺うことで日本の経済産業に対する知見を得ることができます。また、外国の方と接する機会が多いので、海外諸国の文化や風土に対する理解を深めることができます。海外出張は補助金申請の関係で、マレーシアとタイに渡航させていただきました。阪神動力機械は環境機器の開発と提供を通じて、新興国のインフラ整備に貢献しています。私もグローバルな視点で、新興国経済の発展と人びとの豊かな暮らしの実現に貢献していきたいと考えています。

社風や職場環境に着目した会社選びを

阪神動力機械は、女性の働きやすい会社だと感じています。かつては「男の会社」だったようですが、近年は産休制度の充実や女性社員の待遇是正など、女性の地位向上が図られるようになってきました。子育てをしながら働いている社員も2名います。私は2004年に技術部環境設計課に籍を置く同僚と結婚し、夫婦ともども阪神動力機械で働いています。阪神動力機械は、社員がみな優しいことに加え、年齢や職責に関係なく自分の意見を言える自由な雰囲気があります。就職や転職を控えている女性の方には、規模や知名度だけでなく、社風や職場環境にも着目して会社選びをしてほしいと願っています。

TOP